×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

激安旅行 (賢い激安旅行会社選び)

国土交通大臣の認可を得ているか?がまず問題です。登録番号の確認をすればわかります。国土交通大臣または各都道府県の知事の認可を得ている激安旅行会社は「国土交通大臣登録激安旅行業第○○号」や「△△知事登録激安旅行業第○○号」等と、パンフレットの隅に記載されています。登録番号はホームページの会社概要か激安旅行条件にも記載されています。 登録済みの激安旅行会社は保証金を納めているので万一、激安旅行代金を入金後に激安旅行会社が倒産したとしても保証金受け取る事になります。記載していない場合は、認可を得ていない会社です。違法業者ですね。激安旅行会社の種類ですが、激安旅行会社には第1種激安旅行業、第2種激安旅行業、第3種激安旅行業、激安旅行業者代理業のあって、第1種のみが国土交通大臣登録となり、あとの激安旅行会社は、各都道府県知事への登録となっています。

激安旅行 (賢い激安旅行社選び2)

激安旅行会社の責任範囲をイザというときのために、チェックします。激安旅行が激安旅行プラン通り実施するための責任があるので、旅程保証が多くの場合ありますが、ない場合は確認します。順調に行くのが前提なので、忘れがちですが、良く見ます。特別補償は、激安旅行中の事故などに対する補償です。激安旅行会社は消費者に代わって手配を代理する立場なので、旅程や事故に対する責任はないのですが、特別補償の場合は海外激安旅行保険ほどでないにしろ、なにかあります。 契約の成立 は、申込意思の伝達、激安旅行会社側の契約の承諾、申込金の支払いの3条件が満たされた時点です。そこから、キャンセル料が発生する期間が決まります。キャンセル料は、激安旅行会社の規定によりますが、大体国内激安旅行で20日前、海外激安旅行で40日前です。旅程保証は、企画激安旅行の契約内容に激安旅行会社の責任で重要な変更があった場合、激安旅行代金の一定割合を変更補償金として激安旅行者に支払う制度。

激安旅行 (賢い激安旅行社選び3)

変更補償金が必要となる重要な変更 の相場は、1 激安旅行出発日・激安旅行帰着日の変更 出発前1.5% 出発後 3.0% 2 契約書面に記載した入場する観光地・観光施設(含レストラン) 出発前1.0% 出発後 2.0% 3 契約書面に記載した運送機関の等級より低い等級への変更(飛行機のビジネスクラスからエコノミークラスへの変更など) 出発前1.0% 出発後 2.0% 4 契約書面に記載した運送機関の変更および契約書面に記載した場合の運送機関の会社名などの変更 出発前1.0% 出発後 2.0% 5 契約書面に記載した宿泊施設の変更 出発前1.0% 出発後 2.0% 6 契約書面に記載した宿泊施設の客室の等級の変更 出発前1.0% 出発後 2.0% といったところです。
一応ランクということですが、第2種、第3種でも第1種よりもリーズナブルであったり独自の激安旅行を企画しているところも多いようです。そのほかには、ランドオペレーターという現地の手配を行っている会社があるんです。現地の送迎や観光、アクティビティーをあつかっている会社です。

Copyright © 2007 激安旅行の旅行会社についてのエキスパート!